ブログを更新しました<7月10日みちのくカフェ>

ブログを更新しました<7月10日みちのくカフェ のご案内>

ブログを更新しました<7月3日みちのくカフェ >

ブログを更新しました<6月26日、社会福祉法人 草の実会 草の実平岸の里様より寄付をいただきました >

ブログを更新しました<6月28日 市電「ポラリス」貸切イベントに参加しました>

みちのく会通信No.25

みちのく会通信 No25(平成26年6月29日発行)

no25_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■過去のみちのく会通信

みちのく会通信 No.24(平成26年5月29日発行)

みちのく会通信 No.23(平成26年3月20日発行)

みちのく会通信 No.22(平成26年2月20日発行)

みちのく会通信 No.21(平成26年1月24日発行)

みちのく会通信 No.20(平成25年12月17日発行)

みちのく会通信 No.19(平成25年11月17日発行)

みちのく会通信 No.18(平成25年10月17日発行)

みちのく会通信 No.17(平成25年9月17日発行)

みちのく会通信 No.16(平成25年8月16日発行)

みちのく会通信 No.15(平成25年7月19日発行)

みちのく会通信 No.14(平成25年6月12日発行)

 

 

 

北海道へ避難されてきた方を対象とした有償ボランティアスタッフを募集

みちのく会月寒事務所で、有償ボランティアスタッフを募集します。

今年度、会の自主事業である缶バッチ製作の受注が増える予定を見込んで、缶バッチ製作や事務仕事など、みちのく会の手伝いをしていただくスタッフを募集します。
【時間】平日10時~14時(実働3時間)※応相談。月に1日でも数日でもOK
【期間】平成27年3月末まで(予定)
【謝礼】1時間 800円
【交通費】市内公共交通機関利用料金実費(実働3時間未満の場合はなし)
【支払方法】日払または、月末〆翌月15日払い。
【経験】不問
【条件】東日本大震災により北海道へ避難されてきた方
☆希望者多数の場合は、調整させていただきます。
・社会につながりたい、第1歩を踏みたい方
・今月だけならできそう・・。夏休みならできそう・・など単発的に仕事をしたい方
・小さなお子さんがいても1か月に数回でも数時間でも一緒にお仕事したい方
※託児はありませんが、子どもと一緒にならできそう・・という方、ご相談ください。
いろいろなバリエーションに柔軟に対応ができるようにと考えています。

◎募集開始:26年7月1日から
⇒まずは、メールまたは、電話にて以下の内容をご連絡ください。
電話:011-826-4092
メール:office@michinokukai.info  【件名】有償ボランティア
◆お名前
◆連絡先
◆住所
◆メールアドレス
◆希望頻度
1、月1~2回程度
2、週1~2回程度
3、週3回以上
4、その他、

7月1日より、希望のある日程が決まり次第、進めて行きます。
今後、みちのく会のメーリングリストなどで状況をお知らせしていきます。

ブログを更新しました<6月26日 第1回出張茶話会in江別 ラ・フォルケッタ>

7月15日開催「あったかい道ビジネス交流会」のお知らせ

震災から3年、北海道で就職された方、起業された方、またこれから色々動きを考えている
方々の人脈づくりの為のイベントです。
札幌で活躍する方々も少数お呼びし20~30名くらいで楽しくビジネス交流を狙います。 
起業された方にこだわらず、様々な立場の方に参加してほしいと思います。
また男性の皆様のお友達作りにも貢献出来ることを狙います。(ビジネスウーマンの参加も可)
希望される方は、下記の内容をご確認の上、お申し込みください。

参加者:
①東日本大震災以降に北海道に来られた方々
②あったかい道が推薦する民間の企業家及び実業家

日 程:
平成26年7月15日(火) 19:00~21:00

場 所:
bettie64 (札幌市中央区南6条西4丁目APR64ビル 1F)

会 費:
2500円(飲み放題+軽食)

申込み:
FBページからの参加表明または、メール(みちのく会)
office@michinokukai.info
【件名】ビジネス交流会
1.参加される方のお名前
2.連絡先

主催:あったかい道  協力:みちのく会・APRグループ

PDF:あったかい道ビジネス交流会あったかい道ビジネス交流会

北海道におけるホールボディカウンターによる内部被ばく検査の実施について

【福島県から避難されている皆さんへ】
北海道におけるホールボディカウンターによる内部被ばく検査の実施について
(福島県ホームページ)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/wbc-kensa-hokkaidou.html

福島県では、県民の将来にわたる健康の維持・増進のため、車載型WBCによる検査を以下のとおり実施します。
この検査を受検することで、放射性セシウムなどが体内に取り込まれていないかどうかを確認することができます。
検査を希望される方は、下記の内容を確認のうえ、お申し込みください。
1 対象者 
・事故発生当時に福島県内に居住し、その後県外へ避難された方(平成24年4月1日以前に生まれた方)
・平成25年4月1日以前に生まれ、福島県内に住民票を有する方
※機器の構造上、検査時に2分間程度自立していただきます。
4歳未満児は台座に乗っての検査となりますので、別紙の測定方法等をご理解の上申し込み願います。
4歳未満の測定方法について [PDFファイル/638KB] 
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/58189.pdf
  
2 検査場所及び日時 
ア 中島体育センター2階講堂(札幌市中央区中島公園1番5号)
平成26年7月29日(火曜日)、30日(水曜日)
平成26年8月1日(金曜日)~4日(月曜日)、7日(木曜日)
イ 旭川市第2庁舎問診指導室(旭川市7条通10丁目)
平成26年8月9日(土曜日)~8月12日(火曜日)
ウ 道立衛生研究所講堂(札幌市北区北19条西12丁目1-1)
平成26年8月20日(水曜日)~8月24日(日曜日)
エ 渡島総合振興局101号会議室(函館市美原4丁目6-16)
平成26年8月27日(水曜日)、29日(金曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)
※受検時間は原則9:30~16:30となりますが、一部異なる時間がございます。検査スケジュールについて、
詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。
各会場における検査スケジュール [PDFファイル/57KB] 
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/71685.pdf
※各会場の土、日曜日において、当県避難者支援課等による避難者向けの相談窓口を開設します。
3 検査人数
1日あたり60~70名程度
4 所要時間
受付から検査終了まで30分程度
受付 → 同意書記入 → 検査内容説明 → 体表面検査 →WBC検査
5 検査費用 無料  
※検査場所までの交通費については、各自負担いただきます。
6 申し込み先
福島県県民健康調査課
電話番号
:080-5743-5867
:080-5743-5868
受付時間:9時から17時まで(土曜日、日曜日、祝祭日を除く)
※申し込みは、6月27日(金曜日)から開始し、検査日の3日前(土・日・祝祭日除く)までにお願いいたします。
※受付専用回線となりますので、御了承ください。
7 その他
検査の流れ、検査会場までの地図等につきましては、こちらをご覧ください。
北海道におけるホールボディカウンターによる内部被ばく検査について [PDFファイル/580KB]
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/71688.pdf