缶バッチ絶賛製作中~みちのく会自主事業

【楽しみながら、社会につながっていく】

2014年9月現在、みちのく会の会員数は、1700名を超えています。
今後の住宅の問題や、子どもたちの進学の問題、いつまで北海道で避難生活を続けるのか?
先の見えない不安を抱えながらも、私たちはここでそれぞれが目指す自立に向かって生活をしています。

2011年の4月、会が発足して間もなく、札幌の若い社長さんが寄付してくださった缶バッチの機械は、まさに、私たちの目指す、自立の第1歩でした。

今では、機械も2号機に移り変わり、日々300個程度の製作を続けています。

t02200293_0240032013039671064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下記は、2014年8月のある日のブログ記事です。
http://ameblo.jp/coco-kara-hokkaido/entry-11912120097.html

【会員さん30名で、製作などの仕事をしています】

今年度、会の自主事業である缶バッチ製作の受注が増える予定を見込んで、缶バッチ製作や事務仕事など、みちのく会の手伝いをしていただくスタッフを募集しています。

9月現在は、約30人が登録し、毎日、交代で仕事をしています。

【時間】平日10時~14時(実働3時間)※応相談。月に1日でも数日でもOK
【期間】平成27年3月末まで(予定)
【謝礼】1時間 800円
【交通費】市内公共交通機関利用料金実費(実働3時間未満の場合はなし)
【支払方法】日払または、月末〆翌月15日払い。
【経験】不問
【条件】東日本大震災により北海道へ避難してきた方
☆希望者多数の場合は、調整させていただきます。
・社会につながりたい、第1歩を踏みたい方
・今月だけならできそう・・。夏休みならできそう・・など単発的に仕事をしたい方
・小さなお子さんがいても1か月に数回でも数時間でも一緒にお仕事したい方
※託児はありませんが、子どもと一緒にならできそう・・という方、ご相談ください。
いろいろなバリエーションに柔軟に対応ができるようにと考えています。

【2014年5月3日掲載 北海道新聞 朝刊 北海道新聞社許諾D1409-1503-00010032】

20140503みちのく会

タケダ・赤い羽根 活動報告(2014年度)

タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム 2014

実施スケジュールと活動報告  ( 背景や目的などはこちらをご覧ください

2014年6月

キックオフミーティング参加

広報業務スタッフの雇用開始、広報業務開始

ホームページの内容構築及び支部のページ作成委託

会報(みちのく会通信)の発行① No.25

みちのく会本部役員ミーティングの開催①

2014年7月

道内交流会・支部ミーティングの開催(旭川市)①

みちのく会本部役員ミーティングの開催②

会報(みちのく会通信)の発行②No.26

2014年8月

みちのく会本部役員ミーティングの開催③

会報(みちのく会通信)の発行③No.27

2014年9月

道内交流会・支部ミーティング開催(函館市を予定)②

みちのく会本部役員ミーティングの開催④

会報(みちのく会通信)の発行④

2014年10月

みちのく会本部役員ミーティングの開催⑤

会報(みちのく会通信)の発行⑤

2014年11月

中間報告提出

道内交流会・支部ミーティングの開催(洞爺町を予定)③
みちのく会本部役員ミーティングの開催⑥

会報(みちのく会通信)の発行⑥

2014年12月

みちのく会本部役員ミーティングの開催⑦

会報(みちのく会通信)の発行⑦
2015年1月

道内交流会・支部ミーティングの開催(札幌市を予定)④
みちのく会本部役員ミーティングの開催⑧

会報(みちのく会通信)の発行⑧
2015年2月

みちのく会本部役員ミーティングの開催⑨

会報(みちのく会通信)の発行⑨
2015年3月

みちのく会本部役員ミーティングの開催⑩

会報(みちのく会通信)の発行⑩
助成終了

タケダ・赤い羽根 活動の背景や目標 

 

活動名 全道における地域間の情報共有及び情報の受発信の強化活動
活動期間 2014年 6月 ~ 2015年 3月
主な活動地域 北海道
実施活動の背景や避難者のニーズ ■背景みちのく会は、東日本大震災、福島第一原発事故により北海道へ避難している被災者たちの会です。

当会は、2011年4月23日に会員同士の互助、地元市民とのコミュニティの発生、経済的な自立を目指し、またこれから北海道へ避難されてくる方たちへの情報提供等、様々な取り組みを行っています。
【発足】
・2011年4月9日

避難者イベント第1回ようこそあったかい道にて避難者約100人と繋がり、避難者の会設立の要望の声があがる

・2011年4月23日
第2回ようこそあったかい道にてよびかけ、12世帯により被災者の会「みちのく会」が結成。

【会員数】
・2011年4月 会員数36名
・2012年4月 会員数1002人
・2013年4月 会員数1324人

・2014年5月21日現在 会員数1675人

【支部の発足】
・2011年にみちのく会札幌本部、旭川支部が発足以来、2012年に空知支部、2013年に恵庭、胆振、函館支部が発足。

【全道に広がる動き】

・2013年度に北海道の委託事業を受け、道内でのフォーラムを開催、また全道の避難世帯に向けて、広報紙や会報を送付したことがきっかけで、みちのく会のネットワークが道内に広がった。
・地域による避難者数、情報量、支援状況の格差、当事者ならびに支援団体が課題としていることの違いが大きい。
・北海道内の避難者の約半数が札幌で生活をしていることで、避難者同士の距離感が、札幌と他の地域では、大きく異なっている。

■ニーズ
・各支部でお茶会などの交流会を行っているが、居住地域だけではなく札幌や道内各地の避難者と話がしたいという声が多い。

・活動を始めたばかりの支部は、まだ体力がなく、本部や他の支部からのサポートが必要。

活動の目標 道内での各支部長、役員とのミーティング
避難生活の長期化と会員数の増加に伴い、会員の避難生活が多様化する中で、組織としても変化すべき柔軟性と、守りたい本来の理念をすり合わせながらブランディングやモットーについてを議論する場を重ねることで、人材育成、支部の基盤強化、地域でのネットワークづくりが前進し、みちのく会全体が前に進むことを目標とします。
情報受発信
多様化する避難者の状況を偏りなく広報することで、フラットな社会との関係を築いていくことを目標とします。
また幅広い避難者の状況を避難者自身も情報として得ることにより、大きなビジョンを持ち一人ひとりの考えが整理され目標が明確化することを目標とします。
活動内容・実施方法 1、 ミーティング
ア、支部4地域での支部長ミーティング及び会員同士の交流会
函館7月、旭川9月、洞爺11月、札幌1月にて開催
13:00~15:00:交流会(地元地域の会員と各支部からの参加者によるお茶会)
16:00~18:00:支部長研修会(各地域での活動報告と課題のシェア)イ、札幌本部役員ミーティング
札幌の月寒オフィスにて、月1回のミーティングを行う。
避難者のカテゴリー分けを行い、それぞれに対しての問題点を探る。必要な支援を柔軟に考え、戸別訪問につなげるなど具体的な対応策を考える。

2、情報受発信

ア、広報部の設置(広報業務の強化)

会報の記事づくり、ホームページ・ブログ・Facebookページの更新、
ML等での情報発信、プレスリリースなど、広報活動の強化。

イ、ホームページのリニューアル
本部ページに支部のページを埋め込む形で新たな形とページの作成。
(避難後、北海道でIT事業を起業した業者に委託予定)

ウ、会報(みちのく会通信)の発行
月1回の発行に向け、デザイン・編集を避難者(業者)に委託

助成期間終了後の展望(助成終了後も活動の継続・発展ができるか) 各支部の組織力、地域でのネットワーク、行政との連携が強化されることで、助成期間終了後は、各支部主催による交流会等の開催、人材育成、情報受発信等を行っていく。
また、道内の地域においてのネットワーク作りを新たに構築していき、広域避難者の実態、ニーズの把握を行い、必要な支援、必要でない支援を当事者自らが考え、全国に向けても北海道の広域避難者の現状と活動内容を発信していきたい。

平成26年度 助成事業

 タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム 2014
北海道内における地域間の情報共有及び情報の受発信の強化活動を行っています。
詳細は、こちらからご覧ください。

*********************


北海道NPOファンド「被災者支援基金」
みちのく会の茶話会・交流会等は、北海道NPOファンド「被災者支援基金」からの助成と
参加される方の参加費によって行っています。
詳細は、こちらからご覧ください。

みちのく会役員会議(8月)議事録

2014.8.18(月)みちのく会役員会

① サハリン保養事業報告(小祝)
8/12-19北海道避難の児童6名参加、今年で3年目、昨年までは福島現在住者の参加。
みちのく会への通常告知は海外なこともあり、責任も発生する関係上、今年度は役員の児童と海外経験のある児童を推薦。
ロシアのネットニュースにもなっており、扱いは「保養」となっていたが、北海道側主催者の認識は「国際交流」だったりと、温度差があった。
来年度以降もサハリン側は予算をつけて継続予定。海外保養の良いケースに発展してほしい。

② みちのく会キャラクターについて(藤本)
キャラクター公募を来月から予定、スケジュール表完成、年内めどに決定予定。
応募は、公募(みちのく会を応援してくださる方ならどなたでも参加可)
一次選考は役員会で行う。二次選考は候補を公表しての投票予定。
応募内容
A、キャラクター「ミッチィ」のデザイン
B,キャラクターがかぶる「おめん」のデザイン

謝礼か賞金?を用意するほうが良いか。資金源が無いため他の方法があるか検討。
(協賛などをお願いするか)準備中という形で告知は早めにする予定。
企画目的:みちのく会の周知、いろいろな可能性への発展、会員さん参加型のためお祭りのようなイベント効果、前向きな元気が出るようなアプローチ。

一般の方への告知をどうするかが課題がある。

③ わんぱくネイチャー報告(篠崎)
8/2 みちのく会への初告知をしての開催 カキ氷などして楽しんだ。
様子をフェイスブックやブログなどで様子を公開予定。
今後も定期開催していく予定。

④ お茶会報告(熊田)
各地域別を開催しているが、人の集まりにばらつきがある。
今後の地方開催のあり方やタイミングは検討が必要かと思われる。

お茶会、交流会のニーズ
・お父さんの会への開催ニーズが高い、夜。
しかし場所によって参加が難しく、地方の開催が始まっている。
8/30西区お父さんの会開催決定
・地域別お茶会の集まりにばらつき
(しかし、岩手お茶会は県庁の方が来てくれるなどサプライズもある)
・高齢の方で参加したくても遠くて行きにくい方がいる。
・メンタル面の不安定さからまだ出られない方もいるが、3年半を経て今参加する方もいるため、ニーズはまだある。人により参加を必要とするタイミングが違う。必死に生活基盤を作るのに一生懸命だったため、やっと今参加できる方が最近ある。
・仕事の関係で土日の開催を希望する方があるが、開催側の役員の都合上難しい。
・昼のニーズ、夜のニーズ、両方ある。昼は定期開催木曜日が定着しているのが良い。
・生活が落ちいついてきたおかげで、お茶会参加を必要としなくなった人が増えた。
・出張お茶会は普段参加できない方に参加してほしい、早めアナウンス必要。
・アンパンナイト 一般の方も参加できる、避難者支援者だけじゃない点が交流の場として大変効果があって軌道に乗っている。
・今後は、一品持ち寄りお茶会など企画ものを考えてみても良いかもしれない。

みちのく会スケジュール報告(本間)
8/22 15:00~16:00 支部長役員会議 16:00~17:50 全道連絡会
18:00~アンパンナイト

8/23 14:00~ アシスト協議会主催 移住支援情報交換会
18:30~ 福島県浜通り出身者交流会

8/30 18:00~ 西区「男の会」開催

9/1 原発避難者の住宅問題を考える会 今のところ告知協力のみ

9/7 「ありがとう、パパ、ママ」ライブ&トークイベントご招待
告知周知協力のみ

9/20 第二回ありがとうやフェスタ 缶バッチ販売(とうやぼうやというキャラクタ)
後援依頼があり

9/27 函館支部長会議&交流会(役員のみ)
次回役員会は9/8(月)10:00~12:00

みちのく会通信No.26

【PDF】みちのく会通信 No26(平成26年7月29日発行)

no26_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■過去のみちのく会通信
みちのく会通信 No25(平成26年6月29日発行)

みちのく会通信 No.24(平成26年5月29日発行)

みちのく会通信 No.23(平成26年3月20日発行)

みちのく会通信 No.22(平成26年2月20日発行)

みちのく会通信 No.21(平成26年1月24日発行)

みちのく会通信 No.20(平成25年12月17日発行)

みちのく会通信 No.19(平成25年11月17日発行)

みちのく会通信 No.18(平成25年10月17日発行)

みちのく会通信 No.17(平成25年9月17日発行)

みちのく会通信 No.16(平成25年8月16日発行)

みちのく会通信 No.15(平成25年7月19日発行)

みちのく会通信 No.14(平成25年6月12日発行)

 

 

 

 

 

8月22日開催『ANPAN☆NIGHT』(夜の交流会・飲み会)

毎月恒例のアンパンナイト
ご縁のある皆さんに感謝をこめて飲み会のお知らせです。
ぜひご参加ください。

日時:8月22日(金) 18:00~21:00
※終了時間は、お子さんの参加を配慮した目安としております。お時間のある方は、どうぞごゆっくりしていってください。

会費:おとな1000円
※高校生・大学生500円
※中学生以下無料

場所:みちのく会 月寒オフィス
札幌市豊平区月寒西1条7丁目1-11

交通:地下鉄東豊線 月寒中央駅1番出口から36号線を渡り直進、児童会館の斜め前・徒歩3分(アンパン道路)

電話:011-826-4092

今月は、新潟からのビッグなお客様がいらっしゃいます!
どうぞお楽しみに!!

出欠:準備の都合がありますので、当日の13時までに
FBイベントページ、または、メール・電話にてご連絡ください。

✉office@michinokukai .info
【件名・アンパンナイト】

☎011-826-4092

主催:みちのく会&あったかい道

8月23日開催 福島県浜通り出身の交流会

会員さんへのご案内
出身地別交流会・土曜の夜バージョン!
今月は、福島県浜通りです。
是非、ご参加ください。

日 程:平成26年8月23日(土) 18:30~20:30
場 所:札幌市中央区のダイニングレストラン(個室)
会 費:1500円(飲み放題+お料理7品付)

申込み:8月20日までにご連絡ください

場所などの詳細は、ご連絡をいただいた際にお知らせいたします。
みちのく会 011-826-4092

ブログを更新しました<7月24日 第2回出張茶話会in円山 >

ブログを更新しました<7月17日みちのくカフェ>